歯肉炎に効く歯磨き粉ランキング

 

歯肉炎の原因と症状、状態は?

 

歯肉炎は歯周病の中でも最初に発生する疾患で、歯肉炎に罹患している日本人は非常に多いものです。自覚症状があまりないものですから軽視されがちな歯肉炎ですが、悪化するとやがては歯を失う原因となったり、さらには心筋梗塞等の命に関わる病気を合併する可能性があることさえ分かっています。

 

ですから、まずは歯肉炎に関する正しい知識を持ち、自分の歯肉の状態について知り、問題があれば速やかに治療することが必要です。

 

歯肉炎のほとんどは歯垢(プラーク)が原因となって発生します。歯肉炎に限らず、ほぼ全ての歯周病と虫歯はプラークが原因で発生するものです。何故ならプラークは口内の病原菌が直接餌とするものであり、歯に付いたプラークを虫歯菌が分解すると酸を発生させ虫歯となりますし、歯茎に付着したプラークの中で歯周病菌が繁殖すると歯肉炎が引き起こされます。

 

特に歯肉炎は歯茎と歯の間に歯周ポケットができてしまい歯垢が溜まると、通常の歯磨きではほとんど掻き出せなくなってしまうため歯肉炎の発症・進行が極端に早まります。そのため歯肉炎の予防・改善には歯周ポケットをそもそも作らないことや内部を歯科医でしっかり洗浄することが重要になります。

 

歯肉炎はよほど悪化しない限りわかりやすい自覚症状がありません。しかしこのことが最も厄介とも言える特徴で、歯肉は歯を支える組織ですから、知らず知らずのうちに歯肉炎が進行すると歯が抜けるような事態も引き起こされうるため、早めの治療が必要です。

 

歯肉をよく観察すれば、歯肉炎にかかっていると歯肉がやや腫れていたりぶよぶよしているのがわかるはずです。また強い口臭も発生するのですが、人間の嗅覚は「嗅覚疲労」という現象があり、同じ臭いを嗅ぎ続けるとその臭いに対する感受性がすぐに落ちてしまうため、本人は気付きにくいのがまた難しいところです。

 

歯肉炎を治すには?

 

歯肉炎と一口に言ってもその状態は様々ではありますが、炎症が歯肉のみに留まっている状態ではありますので炎症を起こしている原因を取り除くことが第一に行われます。

 

そして、歯肉が炎症を起こす原因と言えば歯垢(プラーク)です。歯垢が固まってできた歯石も含めて、これらの除去を必ず行わなければなりません。

 

特に歯石は個人では取れませんので、歯科医で削って取ってもらうことになります。正しい歯磨きの徹底や生活習慣の改善などは歯垢・歯石を取った後の話になります。

 

歯垢や歯石は口内の病原菌にとって非常に都合のいい環境です。虫歯菌は歯垢をエネルギー源とできるためもちろん歯垢に群がり、歯垢を分解して酸をはき出しこれが虫歯の原因となります。

 

また歯周病菌も同様で、歯間や歯の根元、歯周ポケット内の歯垢・歯石はほぼ例外なく歯周病菌のすみかとなっています。歯周病菌が密集している歯垢・歯石が歯肉と隣接していて、移ってきた歯周病菌の働きによって歯肉が炎症を起こしているのですから、これを除去しなければ始まらないということなのです。

 

歯垢の状態ならばブラッシングなどでも十分に除去できますが、現実的に未治療で歯石がほとんどない方はいませんので、専門の器具を使いガリガリと歯石を削って除去してもらいます。

 

歯肉炎のほとんどは歯石が関与しているわけですから、それは個人で歯肉炎を治しきることは不可能だということを意味します。自己流で適当に対処することなく、歯肉炎は歯科医できちんと診てもらいましょう。

専用サーバー